Bauhutteからエナドリからカップ麺までまるっと収納できるサイドワゴンが登場

IT
16_original

ビーズのゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」は2019年7月にデスク周りに設置できる栄養補給の拠点「エナジーワゴン BHS-430EW」を発売した。価格はオープンプライスで、市場想定価格は1万3,500円(税別)。

ゲームを長時間プレイする際、集中力を保つためにエナジードリンクを飲んだり、軽食を食べたり、ゲーマー達は何かと自分のデスクで飲食をしがち。バウヒュッテでは今回、ゲームに欠かせない栄養補給をストレスなく行えるように、キャスター付きで手が届くところに置いておける”食料基地”を開発した。

長時間プレイの際に欠かせない水分補給。しかしながらゲーム中の水分補給には、飲みかけのドリンクを倒して、高額なデバイスを水没させて壊してしまうというリスクが伴う。特にふたのない缶タイプのドリンクはリスクが大きくなりますが、ゲーマーの必需品であるエナジードリンクはその多くがこれにあたる。

本製品の天板にはペットボトル対応サイズとエナジードリンク対応サイズの2種類のドリンクホルダーを装備。飲みかけのドリンクを倒れないように収納することができるため、“デバイス水没”の悲劇はもう起こらないだろう。

「自分のお気に入りのエナジードリンクを箱買いしたはいいものの、置き場に困った」、「とりあえず部屋の隅に置いたが邪魔になる」という経験をしたことのあるゲーマーも多いはず。そんな不便を解消するため、本製品は24本入りのエナジードリンクが箱ごと収納できるサイズに設計した。箱買いしたエナジードリンクは、下段部分にそのまま保管することができる。

脚部には強度が高いボールキャスターが付属。ドリンクを冷蔵庫に移し替える時も、ワゴンごと楽に移動することが可能だ。

ワゴンの上段にはスライド式の収納カゴが取り付けられおり、お菓子や軽食をストックすることが可能。ゲームのプレイ中にお菓子をつまみたい時も、休憩中に軽食を食べたい時も、サッと取り出してスムーズに栄養補給することができる。食べかけのお菓子をドリンク同様ワゴンの天板に置いておけば、お菓子のくずでデバイスが汚れることを防止できる。

■製品概要
【製品名】エナジーワゴン 
【型番】BHS-430EW-BK
【カラー】ブラック
【サイズ】幅430 × 奥行310 × 高さ655 mm
【重量】6.70kg
【耐荷重】30kg未満

15_original

5_original

エナジーワゴン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会スケジュールが確定!
SNKが「NEOGEO Arcade Stick Pro」を2019年秋発売!現在予約受付中!
渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』
10月12日よりGinza Sony Parkで『#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK』を開催






Source: ITライフハック