NTTドコモ、シャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense SH-01K」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始

スマートフォン
docomoスマホ「AQUOS sense SH-01K」がAndroid 9.0 Pieへ!

NTTドコモは13日、同社が2017年11月に発売した「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense SH-01Kの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約40分、更新後のOSバージョンは「Android 8.0」、ビルド番号は「03.00.02」で、主な変更点は以下の通りとなっています。なお、変更点はシャープの公式Webサイト「docomo Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

◯主なアップデート内容
1)自動調整バッテリー
2)ワンタッチ固定
3)エモパーの進化

◯改善される事象
4)まれに端末がフリーズする場合があります。
5)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年8月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。

続きを読む

Source: S-MAX