SK Hynix 、業界最高の帯域幅を備えたHBM2E DRAM製品を発表

パソコン
736: Socket774 2019/08/12(月) 14:57:50.56 ID:U3BkHCSV
SK Hynix Announces its HBM2E Memory Products, 460 GB/s and 16GB per Stack
001

SK Hynix Inc.は本日、業界最高の帯域幅を備えたHBM2E DRAM製品を開発したことを発表しました。新しいHBM2Eは、以前のHBM2と比較して約50%高い帯域幅と100%の追加容量を誇っています。SK HynixのHBM2Eは、1,024個のデータI / O(入力/出力)を備えたピンあたり3.6 Gbps(ギガビット/秒)の速度パフォーマンスに基づいて、毎秒460 GB(ギガバイト)の帯域幅をサポートします。TSV(Through Silicon Via)テクノロジーの利用により、最大8個の16ギガビットチップが垂直にスタックされ、16 GBデータ容量の単一の高密度パッケージを形成します。

SK HynixのHBM2Eは、最高レベルのメモリパフォーマンスを必要とするハイエンドGPU、スーパーコンピューター、機械学習、人工知能システムをサポートする、第4産業時代に最適なメモリソリューションです。モジュールパッケージ形式を取り、システムボードにマウントされる市販のDRAM製品とは異なり、HBMチップはGPUやロジックチップなどのプロセッサに密接に相互接続され、数µmの距離しか離れていないため、さらに高速なデータ転送が可能です。

https://www.techpowerup.com/258194/sk-hynix-announces-its-hbm2e-memory-products-460-gb-s-and-16gb-per-stack

輸出管理が絶賛進行中の韓国企業SKハイニクスだが、ここにきてHBM2Eというモノを出してきた。
曰く、スタックあたりの帯域が50%増しの460GB/sと、倍の容量を実現した、だそう。

これを2スタックなら、16~32GBで920GB/s、とHBM2の4スタックに迫る性能をたたき出せるな。
これをPS5に使ってくる可能性はありそうな気はする。


続きを読む

Source: PCパーツまとめ